entry

100年企業の歴史

history

九州・鳥栖の地で創業から1世紀以上歩んできました。
明治、大正、昭和、平成の時代を駆け抜け、令和はさらに飛躍します。
しかしその根本にはいつも、「信頼できる医薬品を通じて、
健康づくりに貢献することによって社会的価値を創り続ける。」
という精神が在り続け、それはこれまでもこれからも変わりません。

history of oishi koseido

田代(鳥栖)は田代売薬の故郷と言われるほど、
医薬品との関わりの深い地でした。

1907明治40年

個人営業として大石膏盛堂を創業
朝日万金膏(あんま膏)等の製造を行う

1950昭和25年

3月 株式会社大石膏盛堂を設立

1957昭和32年

本社工場でパスマン
(プラスター剤)の製造を開始

1964昭和39年

本社工場でパスマン
(肌色穴あきプラスター剤)の製造を開始

販売においては、配置売薬の生産販売の盛んな富山県、奈良県、
滋賀県の会社向けの販路拡大に成功し、配置家庭薬の貼付剤メーカーとして基盤ができました。

1969昭和44年

1973昭和48年

1977昭和52年

1982昭和57年

1987昭和62年

本社工場で医療用パップ剤の製造開始

1990平成2年

大阪事務所開設 大石市太郎会長就任、
大石耕司社長就任
一般用の痒み止めパッチ上市

1991平成3年

1992平成4年

医療用経皮吸収型貼付剤の
製造販売開始(インドメタシンパップ)

1993平成5年

1994平成6年

1996平成8年

山浦工場新築(現 第2工場)

1997平成9年

1999平成11年

2001平成13年

医療用製剤2品目上市
(フェルビナクパップ
・ケトプロフェンテープ)

2001平成16年

佐賀県産業ビジネス大賞受賞
9月 確定拠出年金制度
(企業単独型401K)導入

2007平成19年

創業100周年
山浦工場新製造棟竣工(第1工場)
本社製造部門(パップ剤)を
山浦工場に統合

2009平成21年

2012平成24年

山浦工場テープ剤
新製造棟竣工(第3工場)
医療用経皮吸収型
気管支拡張剤1品目上市
(ツロブテロールテープ剤)

2013平成25年

医療用製剤上市
(ロキソプロフェンナトリウム
パップ・テープ)

2014平成26年

大石耕司会長就任 野中良司社長就任

2018平成30年

FDA(米国食品医薬品局)製造承認取得
米国向け医療用医薬品輸出開始
(ZTlido™ 1.8%)
テープ剤製造棟を増設(第4工場)

2019令和1年

AIFA(イタリア医薬品庁)製造承認取得
EU向け貼付剤上市
(ジクロフェナクエポラミンパップ)

2020令和2年

長野県諏訪郡富士見町に物流倉庫
(八ヶ岳倉庫)の運用開始

entry